三田キャンパスで実験社会科学研究を実施しよう!

三田キャンパスでの研究目的でのパソコン教室利用について

三田キャンパス研究設備利用者調整協議会

本ページについて

慶應義塾大学三田キャンパスで、実験社会科学研究の実施を目指す研究スタッフのためのページです。本ページは、経済学部附属経済研究所のご支援の下、経済学部附属経済研究所とは独立に、三田四学部(経済学部・商学部・法学部・文学部)のスタッフ参加する三田キャンパス研究設備利用者調整協議会により維持管理されています。

目的

従来、学期中における研究目的での優先利用が認められてこなかった三田キャンパス大学院棟のパソコン教室を、2021年度より一定の条件の下で、優先利用が認められることになりました。
学生が通学する学期中のパソコン教室の研究利用は、これまで三田では困難であった、キャンパスにいる多数の学生が参加する大規模な実験研究実施への道を開くものと考えております。関心のある方のお申し込みをお待ちしております。

毎年の予約から実施までのフロー

  • 毎年度の春学期開始2か月前から春学期開始直前まで

    本ページで、利用可能な教室と日程をアナウンスします。
    本ページで、研究目的での利用を募集します。

  • 新学期第1~2週目

    協議会で研究目的利用者の調整を行い、決定をします。

  • 新学期第2週目

    予約希望者のいない日程を、他の教室利用目的(サブゼミを含む)に開放します。 管財・学生部にまとめて連絡をします。
    利用が確定した申請者にも、学生部に申請をしていただきます。

  • 新学期第3週目移行

    これ以降に、研究目的での利用を希望する場合には、学生部に直接ご相談ください。

  • 毎年度の秋学期開始2か月前から秋学期開始直前まで

    上記の春学期と同じフローを繰り返します。

  • 利用に際して

    (以下について現在詳細を調整中です)
    三田ITCとの事前の相談
    ITC Windows 一時アカウントの取得
    当日の鍵のやりとり
    実験資材について

2021年度の利用について

利用可能日
春学期・秋学期中の月曜日
春学期:4月19日~7月26日(確定)
秋学期:10月11日~1月31日(予定:冬休み期間を除く)
定員
通常60人(当面30人)
座席表
(利用申請の際に提出していただきます)

利用条件

研究目的での利用に限ります。そのための事前練習、システムの確認なども含みます。申し込み者は三田キャンパスに所属する専任教員とします。

新型コロナウイルス感染症の状況をふまえた当面運用方針

利用に際しては、2020年 7 月 29 日付け、学生部および各学部からの通知「2020年度秋学期の授業について」で示された感染防止対策を適用し、特に、以下の措置を講じてください。

  • 原則として教室に消毒液を設置し、机椅子の消毒のために除菌シートを準備する。
  • 教卓やマイク等の消毒は使用者が行うこととし、使用前・使用後に除菌シートで消毒する。
  • 教室の換気設備を稼働させ、また授業中以外の入口扉を開放することとし、換気を励行する。
  • 教室ごとに最大利用者数を事前に設定し、参加者同士が一定の距離を保つように、参加者が実際に利用するパソコンを申請書に記載させた上で、利用の承認をする。

申し込みフォーム

(1)春学期の利用申し込みは、2021/3/1から3/31の間、受け付け中です。
(2)keio.jpでログインした上で、以下から申し込みを御願いします。申し込みの際には、エクセルでの実験 参加者の座席表の添付が必要です。ご質問もこちらから御願いします。

現在の予約状況

その他

  • 実験資材について

    実験資材の貸し出しができるように調整中です。

  • 被験者募集

    被験者の募集は協議会では関知いたしません。それぞれのご所属部局でご相談ください(経済学部では、keio.jpメールでの募集が可能です。学生部経済学部担当にご相談ください。)

  • 学期期間外での利用希望

    ここでは受け付けません。管財部・学生部に直接ご相談ください。

三田キャンパス研究設備利用者調整協議会

現在、以下のメンバーにより運営しています。
ご質問がありましたら、申し込みフォームからお送りください。
経済学部:赤林英夫(とりまとめ)、商学部:中島隆信、法学部:粕谷祐子、文学部:稲葉昭英