子どもの時間の使い方と学力:「日本子どもパネル調査」(JCPS)を用いたパネルデータ分析

中村亮介、山下絢、赤林英夫
2019年3月16日
JELコード : I20, I24
【要旨】

本稿は子どもの時間の使い方と親の社会経済的地位との関係、子どもの放課後の総勉強時間と学力の関係を「日本子どもパネル調査」(JCPS)を用いて計量的に明らかにした。本稿ではJCPSによって調査された幅広い子どもの時間の使い方の中で、テレビ(DVD)の視聴時間、ゲームをする時間、宿題をする時間、放課後の総勉強時間に注目し、親の社会経済的地位や子どもの年齢ごとに、これらの時間の使い方がどのように変化しているかを明らかにした。第1に、テレビ視聴時間は親の学歴が高いほど短い傾向にあり、放課後の総勉強時間は世帯所得が高いほど高くなる傾向が明らかになった。第2に、世帯所得が子どもの時間の使い方に与える影響は限定的ではあるが、宿題をする時間や放課後の総勉強時間には正の相関が確認された。第3に、子どもの固定効果の影響を考慮した分析からは、世帯所得が総勉強時間に与える影響は確認されない一方で、算数・数学、国語の学力と子どもの放課後の総勉強時間の関係においては、正の効果が確認された。