慶応義塾大学 経済研究所

MENU

医師の働き方:長時間労働、訓練、副業、就業希望
Doctors’ Way of Working: Long Hours, Training, Secondary Jobs, and Desire to Work

山田 篤裕、泉田 信行

2018年11月15日

JELコード : J44, J63, J81

PDF download

【要旨】

医師の働き方に関する基礎的知見を得るべく、本稿では全国の就業構造に関する代表的なデータである総務省「就業構造基本調査」の調査票情報(2007、2012年)を用い、医師の働き方が他職種と異なるかどうか検討した。具体的には正規職員で年間200日以上就業している医師と、同じ雇用条件の専門的・技術的職業、看護師とを比較した。クロス集計による分析の結果、専門的・技術的職業と比較しても、医師は長時間労働であること、訓練・自己啓発を受けている割合が高いこと、副業している割合が高いことが明らかになった。さらにLogit分析に基づくと、医師は長時間労働でも転職・離職意向は高くならないことが特徴である。しかし、長時間労働をしている医師は、他職種と同様、就業時間削減希望は高い。さらに、勤め先が実施した訓練・自己啓発を受けている場合も、他職種と同様、就業時間削減希望が高いことを確認した。