ミスアロケーション,生産性,および貿易自由化:ベトナム の製造業のケース
Misallocation, Productivity, and Trade Liberalization: The Case of Vietnamese Manufacturing

Doan Thi Thanh Ha, 清田耕造

2015年5月29日

JELコード : O47; F14; D22

PDF download

【要旨】
本研究は,貿易自由化と資源の配分非効率(ミスアロケーション)の関係を分析したものである.分析では,2000-09年のベトナムの製造業の企業に注目した.本研究は次の三つの疑問に答えようと試みた.1) ベトナムのミスアロケーションの程度は中国やインドのそれと大きく異なっているのか?2) もしミスアロケーションがなければ,どの程度のTFP成長が見込めるのか?3) WTO加盟後,ベトナムのミスアロケーションは低下したか?分析の結果は次の通りである.1) ベトナムのミスアロケーションの程度は中国やインドのそれと同程度(やや小さい).2) もしミスアロケーションが米国と同程度になれば,30%強のTFP成長が見込める(中国,インドよりは小さい).3) WTO加盟後,ミスアロケーションは拡大しているが,これは貿易自由化のプラスの効果を金融危機のマイナスの効果が相殺してしまっていることに起因している.貿易自由化は財に関する歪みの解消には寄与しており,資本に関する歪みを是正することで,生産性のさらなる向上が見込まれる.