慶応義塾大学 経済研究所

MENU

日米の親の利他行動
Why are American Parents More Altruistic Than Japanese Parents?

周 梦媛

2017年9月24日

JELコード : D12, D64, P52

PDF download

【要旨】

本研究の目的は、日米の親の間での,利他的な遺産動機の違いが生まれる要因を明らかにすることである。分析の結果、他の社会経済要因を統制した場合、日米間で重大な差が観測され、アメリカの親は日本の親よりも利他的な遺産動機を有することが示された。また、性別、家計収入、年齢、信仰が遺産動機に重大な影響を与えていた。Blinder-Oaxaca分解の結果を見ると、95%が係数の差で説明できる。