明治期から第一次世界大戦期の日本産銅業におけるエネルギー利用

山口明日香
2019年3月22日
JELコード : N750, N550, Q400
【要旨】

近年、経済発展に伴って生じるエネルギー制約の対応について、歴史的に議論されている。本論文では、エネルギー選択の過程やその要因の解明を目的に、明治期から第一次世界大戦期における日本産銅業のエネルギー利用を考察した。先行研究で取り上げられている大規模鉱山のエネルギー利用だけでなく、小規模鉱山や鉱夫(生活用)のエネルギーの利用についても考察した。その結果、産銅業では、資金力、エネルギーの所要量や価格、エネルギーへのアクセス条件、さらにエネルギーの使用技術、鉱石の質、製品用途などの要因に規定されて、エネルギー利用が多様化したことが明らかになった。