慶応義塾大学 経済研究所

MENU

グローバリゼーションと高質な経済社会の構築 プロジェクト期間/2013年度から2017年度の5年間 Projects

CIEのお知らせ

CIEの学会・研究会

研究目的

 本研究プロジェクトは、応用ミクロ経済学の諸分野の最新の研究成果を踏まえ、経済のグローバル化と企業行動・家計行動・再分配政策の関連を明らかして、「高質な」経済社会を構築するために有用な知見を得ることを目的とする。
 産業空洞化、企業の競争力低下、地域間格差、非正規雇用、貧困・所得格差など、近年の日本経済で指摘される諸問題には、経済のグローバル化が深く関わっている。しかし、これまでの研究では、各々の問題に対して各研究分野の範囲内で検証が試みられることが主流であった。国民一人一人が経済のグローバル化からより多くの果実を受け取り、それに伴う摩擦や利害の対立を軽減できるような各種制度を整えた、「高質な」経済社会を構築するには、分野横断的な研究が不可欠である。応用ミクロ経済学のさまざまな分野にまたがった、理論と実証・政策の両面からの研究を進めることによって、グローバル化と企業行動・家計行動・再分配政策の相互作用を浮き彫りにすることを目指す。

資金提供機関

文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

参加研究者

[学内]

[学外]