Institute for Economic Studies, Keio University

MENU

Events

IES, Faculty of Economics and Graduate School Events

Other Events

Events

Event
Name
(Japanese) PythonによるWebスクレイピング講習会(全2回・Day1)
Date

2015/10/13(Tue)

Place
Details

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

慶應義塾大学経済研究所では、「PythonによるWebスクレイピング」講習会を、以下の通り開催します。皆様奮ってご参加下さい。

 

  • 日  程: 10/13(火)16:30~19:30 (全2回)
  •      10/19(月)16:30~19:30
  • 講  師: 田村龍一氏(一橋大学イノベーション研究センター特任講師)
  • 場  所: 三田キャンパス 南校舎7階 473教室
  •      ◇キャンパスマップ【6番の建物】
  •      http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html
  • 定  員: 90名  ※満席のため受付終了
  • 参加費 : 無料
  • 使用言語: 日本語
  • 参加条件: 大学教員・大学院生であれば事前登録の上、学内・学外者を問わず
  •      どなたでも参加できます。学内に限り、学部上級も参加可能です。
  • 申込方法:
  • 学内の参加ご希望の方
  • 下記のa~dの情報を記載し、経済研究所事務局 ies-office[at]adst.keio.ac.jp
  • まで、メールにてご連絡下さい。
  • a.氏名(ふりがな):
  • b.所属・身分   :
  • c.メールアドレス :
  • d.講演会の参加希望日:(10/13と10/19の両方・10/13のみ・10/19のみ)

 

 

  • 他大学の大学院生の方
  • 下記URL http://goo.gl/forms/xTU9BM1w8c より事前申込のうえ、
  • 本ページの[講習申込用紙]をダウンロードし、記入および指導教員のサインを
  • 受け、当日必ずお持ち下さい。

 

  • その他:
  • ・参加申し込みは9/28(月)より開始致します。
  • ・講習会は10/13と10/19の二日に渡って実施され、それぞれの内容は
  •  異なります。講習で扱うスキルを完全に習熟するためには二日間の講習を
  •  受けることが望ましいですが、一日のみの参加も可とします。
  • ・受講には自前のラップトップコンピュータをご持参下さい。
  •  [必要スペック] Windows 7以上、Mac OS X snow leopard以上、
  •           Intel 64bit OS、Wi-Fi接続
  • ・講習の内容についてご質問がありましたら、
  •  中嶋(慶應義塾大学経済学部准教授) nakajima[at]econ.keio.ac.jp
  •  までお問い合わせください。

 

◇講習会目的

1) Pythonの実行環境(Anaconda)に習熟し、データ解析の定番ライブラリであるNumpy, Scipy, Matplotlib、Webスクレイピングの定番ツールであるBeautifulSoup, SeleniumといったPythonが提供する有用なライブラリの理解と運用能力を涵養する。

2) ビッグデータを始めとする大量の情報の管理と操作に便利なSQLite3データベースの構造を理解し、これをPythonを使って自在に操作できるようになる。

3) Web上に流通するデータフォーマット(XML, SGML, JSON, CSVなど)を理解し、これらに対してPythonのDOMパーサや正規表現を適用することによって、必要な情報を的確に取得できるようになる。

 

◇講習会内容

近年欧米のデータサイエンティストだけでなくエコノミストにも利用されている汎用プログラミング言語「Python(パイソン)」について、特にビッグデータの解析やWeb上に公開されている情報の自動取得(Webスクレイピング)に目的を置いたプログラミング技法の解説を行う。その際、Pythonの言語仕様といった一般的解説は最小限にとどめ、上記2つの技術に必要なプログラミング知識の取得と運用に集中する。そのため講義は演習の形式をとり、ビッグデータやWeb公開情報から必要な情報の抽出、結果の整理・可視化といった課題をPythonプログラミングによって解決していく。

Notes