我が国の農業における貿易自由化と経済厚生
Trade liberalization in Japan’s agricultural sector and its impact on welfare

伊藤匡、松浦寿幸、水田岳志

2016年2月25日

JELコード : F14

PDF download

【要旨】

本稿は、我が国の農業における貿易自由化の経緯を振り返り、同貿易自由化による経済厚生向上効果を計測するものである。具体的には、近年利用可能となった詳細なデータを用いて、Broda and Weinstein (2006)、あるいはSoderbery (2015)らが提唱した計測方法を利用して農産品目毎の代替の弾力性を推定し、Arkolakis et al (2012), Ossa (2012) らの手法により経済厚生向上の評価を行う。1970年から2011年の間に自給自足経済対比5%~15%の厚生向上効果が見い出された。